江戸文化歴史検定
コラム・お楽しみ

お問い合わせ:電話番号03-3233-4808(土・日・祝日・年末年始を除く10:00〜12:00、及び14:00〜17:00)江戸文化歴史検定運営事務局 郵便番号 101-0062東京都千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビルディング 16階

公式テキスト

このページを印刷する

「江戸博覧強記」正誤表(2018年2月16日更新)

*今回更新分は★印のついた部分です。
*ページ数、行数は発行時期により若干の差異があります。指定部分の前後も併せてご覧ください。

★p20	本文下段9行目
誤:七代将軍
正:四代将軍

●p23 本文下段後ろから3行目
誤:銭六貫文が基本)
正:銭四貫文が基本だが、変動相場制だったので、実際には六貫文の時代が長かった)

●p24 本文上段後ろから9行目
誤:機軸通貨
正:基軸通貨

★p25	表「江戸時代のおもな貨幣」
金貨「万延小判」の項
誤:金22%
正:金56.77%

●p25 本文下段後ろから2行目
誤:飯売女(飯盛女)
正:食売女(飯盛女)

★p26 本文
下段4行目「陰陽師」のルビ
誤:おんようじ
正:おんみょうじ

下段後ろから2行目
誤:役高
正:役知

★p27 表「老中ランキング」
「長期在職」の項
誤:土屋正直
正:土屋政直

誤:内藤重忠
正:内藤忠重

「大老就任者」の項
酒井忠清と堀田正俊の間に「井伊直澄 寛文8年~延宝4年 8年2か月 近江・彦根」を追加

★p28 表「江戸幕府の主な職制」
「京都所司代」の項
誤:役高一万石
正:役知一万石

★p29
上段の「大坂定番」の説明1行目
誤:大坂在番
正:大坂城番

上段の注
4行目
誤:奥絵師狩野春川院
正:奥絵師狩野晴川院

★p30	本文
下段末尾
誤:安房
正:阿波

●p32 本文下段最終行末尾
「当時の幕府」のあとに「財政の実態が浮かび上がってくる。」を追加

★p34~35 図「江戸城本丸御殿表の構成」
見出し
誤:大名・旗本の殿中席
正:大名・旗本の殿席

誤:詰間・下部屋
正:詰所・下部屋

「大名・旗本の殿席」の項
8番
誤:小姓番頭
正:小姓組番頭

13番
誤:新組頭
正:新番頭

「詰所・下部屋」の項17番
誤:御御三家留守居詰間
正:御三家留守居詰間

図の中段右寄り
黒丸の24番を削除

●p37 表「殿席・礼席一覧」1段目
誤:詰間
正:詰所

●p37 本文
下段見出し
誤:詰間
正:詰所

下段末尾
誤:詰間
正:詰所

★p38 本文上段冒頭
誤:詰間
正:詰所

誤:中奥に位置し、とくに
正:中奥近くに位置して

★p39	本文
上段末尾
誤:四代家綱
正:六代家宣

下段後ろから5行目
誤:居城と
正:居城の

●p40	本文
下段4行目
誤:大名六八家
正:大名四家

下段13行目
誤:六七万石
正:六八万石

★p41 表「3代家光時代のおもな改易・転封」
「改易理由」の項
誤:世嗣断絶
正:無嗣断絶

「転封 寛永10年」の項
誤:土居利勝
正:土井利勝

●p42 本文下段最終行
「関ヶ原の戦いの直前、」を削除

誤:慶長4年(1599)
正:慶長元年(1596)

●p43 本文
上段2行目
誤:慶長5年
正:慶長4年

★p45	本文下段最終行
誤:本体
正:本隊

★p50	本文上段3行目「駒込」のルビ
誤:うしごめ
正:こまごめ

★p51 本文上段5行目
誤:町並尾屋敷
正:町並地屋敷

★p53	表「藩邸のその後」
「上屋敷」の項
誤:長州藩
正:長府藩

「下屋敷」の項
誤:森藩来島家
正:森藩久留島家

誤:旧般若園
正:旧般若苑

★p54 表「大名の家紋」 最下段の有馬巴
誤:肥後国
正:筑後国

●p56 タイトル「奥勤楽寿ご六」
「おくづとめたのしむすごろく」とルビをふる

●p60 本文
下段4行目「小曾木村」のルビ
誤:こそぎむら
正:おそきむら

●p62 本文下段5行目
誤:詰間
正:詰所

●p63 本文
上段後ろから6行目
「四代・八代・九代」のあとに「・一四代」を追加

下段2行目
誤:茶屋
正:茶室

●p65 図「江戸城内郭の構成」
9番半蔵門の解説
誤:山王権現祭礼などの
正:山王権現祭礼の

●p69 表「主要城門の門番分担」
「数奇屋橋門」「雉子橋門」「清水門」「外曲輪門」の項
誤:~1万石
正:~1万石未満

●p70 表「供連れの制限」
「下乗」の項
「挟箱持ち」のマークを各マス1つとする

「中之門→玄関」の項
「挟箱持ち」のマークを各マス1つとする

★p73 本文上段11行目
「官位が授けられる。」のあとに「四代家綱以降、」を追加

●p79 本文下段2行目
誤:往復
正:片道

●p80 本文上段後ろから7行目
「五代綱吉時代には」を、次行の「鷹場制度」の前に入れる

●p83
下欄外に追加
注:将軍の執務・生活空間は「奥」と呼ばれていたが、本テキストでは従来の歴史用語に従い「中奥」と表記した。

★p85 本文
上段4行目
誤:御膳所で用意したものを「御膳立之間」へ運び
正:御膳所で用意したものを中奥の「御膳立之間」へ運び

下段11~12行目
誤:料理は中奥でつくるが、
正:料理は表でつくるが、

下段後ろから8行目
誤:毒見役は御中﨟
正:毒見役は中年寄

●p85 表「将軍の献立に使わなかった食材」
水菓子の項
誤:蜜柑の類 以外
正:蜜柑類以外のすべて

鳥類の項
誤:兎 以外
正:兎以外のすべて

★p86~87 図「江戸城中奥・大奥の構成」
右上部
⑤を⑩の左上に移動

見出し「中奥・将軍の生活空間」の2
誤:御休息(ごきゅうそく)
正:御休息之間(ごきゅうそくのま)

●p88 本文
下段後ろから11行目
誤:広敷番之頭(ひろしきばんのかしら)
正:広敷番頭(ひろしきばんがしら)

●p89 本文上段後ろから4行目・10行目
誤:奥
正:大奥

●p90 本文下段4行目
誤:髪を結い朝食を
正:髪を結いながら朝食を

★p91 表「大奥女中の職制」
誤:
公家 御目見以上 上﨟御年寄 奥女中の最高職で、将軍や御台所の相談役。
公家出身者が多い
小上﨟 上﨟の見習い
御年寄 奥女中の最高権力者で、奥向を差配
旗本の娘 御客会釈 御三家・御三卿・諸大名などからの女使の接待役
 ~~~ 省略 ~~~
御目見以下 御三の間 御年寄・中年寄・御会釈答・御中﨟詰所の雑用係。
御家人・陪臣の
娘、百姓・町人
御仲居 御膳所に詰め、調理を担当
火の番 昼夜を問わず長局を巡回し火の元を警戒
使番 御表使の下役で下之錠口の開閉を管理、広敷役人の取り次ぎ役
御半下 御末とも。掃除・水汲みなどすべての雑用受け持つ下女
正:
公家 御目見以上 上﨟御年寄 奥女中の最高職で、将軍や御台所の相談役。
公家出身者が多い
小上﨟 上﨟の見習い
御年寄 奥女中の最高権力者で、奥向を差配
旗本の娘 御客会釈 御三家・御三卿・諸大名などからの女使の接待役
 ~~~ 省略 ~~~
御目見以下 御三の間 御年寄・中年寄・御会釈答・御中﨟詰所の雑用係。
新規採用の者が配属される
御家人・陪臣の
娘、百姓・町人
御仲居 御膳所に詰め、調理を担当
火の番 昼夜を問わず長局を巡回し火の元を警戒
御茶の間 御台所の湯茶を調進
御使番 御表使の下役で下之錠口の開閉を管理、広敷役人の取り次ぎ役
御半下 御末とも。掃除・水汲みなどすべての雑用受け持つ下女
★p93 表「大奥で活躍した女性たち」 誤:
名前 身分 経歴・逸話など
阿茶局 側室 家康の側室で、2代秀忠の生母。家康のお気に入りで、関が原の戦い、大坂の陣にもお供をする。東福門院の入内の際にも、母代わりとして宮中へ参内
滝山 御年寄 11~15代将軍に仕えた大奥最後の御年寄。江戸城明け渡しを見守る
正:
名前 身分 経歴・逸話など
阿茶局 側室 関が原の戦い、大坂の陣にも家康のお供をする。東福門院の入内の際にも、母代わりとして宮中へ参内。従一位民部卿を賜る
滝山 御年寄 11~14代将軍の大奥の御年寄。幕末期の大奥実力者
★p99 本文上段後ろから6行目 誤:一俵はほぼ三斗五升 正:一俵は三斗五升 ●p101 表「交代寄合一覧」表御礼衆の項 誤:
土着の旧家を取り立てた家 本堂 山名 竹中 朽木 平野
正:
土着の旧家を取り立てた家 本堂 山名 朽木
織田・豊臣系 竹中 平野
●p105 表「幕臣のおもな役職」 表下欄外 「注 五番方・徒組各組の人数は頭、組頭、士の合計数」を追加 『徳川幕府事典』のあとに『国史大辞典』を追加 ●p110 表「めずらしい役職」 下から4段目 誤:土田孫右衛門家 正:土田孫左衛門家 下から3段目 誤:100俵高扶持持 正:100俵高持扶持 ●p117 表「武家のおもな通過儀礼」最終段 「初御目見前」のあとに「(旗本)」を追加 ●p122 本文下段2行目 誤:七種(ななくさ) 正:人日(じんじつ) ●p123 本文下段12行目 誤:七種 正:人日 ★p123 表「幕臣の年中行事」 5月5日の行事の項 誤:菖蒲の節句 正:端午の節句 5月5日の内容の項 誤:端午の節句ともいう。 正:菖蒲の節句ともいう。 ★p143 本文下段6行目 誤:本白銀町 正:本銀町 ●p145 本文下段後ろから4行目「奥川筋艀下船宿」のルビ 誤:おくかわすじはしけしたふなやど 正:おくかわすじはしけふなやど ●p170 本文下段後ろから3行目 「心学」の前に「石門」を追加 ●p188 本文下段7行目『女重宝記』のルビ 誤:おんちょうほうき 正:おんなちょうほうき ●p190 本文上段後ろから5行目 誤:小唄(こうた) 正:端唄(はうた) ●p191 本文下段3行目「小塚原」のルビ 誤:こづかはら 正:こづかっぱら 表「おもな売薬」万金丹の項 誤:朝熊岳 正:朝熊山 ●p194 本文上段10行目「富岡八幡宮」のルビ 誤:とみがおかはちまんぐう 正:とみおかはちまんぐう ●p198 本文上段5行目 誤:三時間半 正:六時間程 ●p199 本文上段後ろから4行目 誤:『銭湯手引草』 正:『洗湯手引草』 ●p201 上段 【四六】の項 誤:昼は四〇〇文、夜は六〇〇文 正:夜は四〇〇文、昼は六〇〇文 ●p205 本文下段後ろから7行目 誤:縁日(賽日とも呼ばれる)があり、 正:縁日があり、 ●p206~207 図「江戸の寺社と行楽地」 地図右上 「飛鳥山(桜・虫聴き・雪見)」を、その上にある「王子権現」の下へ移動 地図中央下 「洲崎弁天」を、上にある「木場」の左、海岸沿いに移動 地図中段右 誤:隅田川 正:荒川 地図中央下⑥ 誤:中正智院 正:正智院 ●p222 本文上段後ろから11行目 誤:浅草寺(せんそうじ) 正:待乳山(まつちやま) 本文下段9行目 誤:津波 正:高波 ●p229 本文上段最終行 誤:四家元の、九段の者に 正:四家元の者に ★p244 図版「狩野探幽『二条城障壁画』」 解説文の末尾に「①」を追加 ●p253 本文上段11行目 誤:住吉家 正:住吉派 ●p257 本文 下段後ろから5行目、3行目 誤:形部 正:刑部 ●p260 本文下段後ろから7行目 誤:江戸四日市 正:江戸の元四日市 ★p275 表「おもな浄瑠璃・歌舞伎作者」竹田出雲の項 誤:座元 正:座本 ●p278 本文下段1行目 誤:従来八丈島 正:従来は伊豆大島 ●p286 本文上段2行目 誤:慶長10年(1605) 正:慶長12年(1607) ●p287 本文下段4行目 誤:文化2年(1805)江戸麹町から表六番町へ移転。寺社奉行の支配下から、寛政7年林大学頭の支配となり、運営費が支給されて官立に準じる機関となった。 正:寛政7年、寺社奉行の支配下から林大学頭の支配となり、運営費が支給されて官立に準じる機関となった。文化2年(1805)江戸麹町から表六番町へ移転。 ●p295 表「往来物一覧」理数科の項 誤:『塵却記』 正:『塵劫記』 ●p298 本文下段6行目「吉川惟足」のルビ 誤:きっかわこれたり 正:よしかわこれたり ●p302 本文上段後ろから10行目 誤:筑前(ちくぜん) 正:筑後(ちくご) ●p304 本文下段後ろから4行目「小塚原」のルビ 誤:こづかはら 正:こづかっぱら ●p309 表「江戸時代のおもな学者・社会思想家」7段目 誤:『塵却記』 正:『塵劫記』 ●p312 本文下段4行目 誤:編纂された 正:編纂が始まった ★p315 表「江戸時代のおもな敵討ち・仇討ち」「敵・仇の出身地」の項7行目 誤:下総国日相馬郡 正:下総国相馬郡 ★p325 表「おもな改易大名」 高力高長のルビ 誤:こうりきたかひで 正:こうりきたかなが ●p327 本文上段後ろから5行目 誤:19世紀以降は 正:19世紀は ●p335 本文下段後ろから2行目 誤:村の治安、代官の不正防止などについて 正:村の治安などについて ●p339 本文下段3行目 誤:江戸後期以降、 正:江戸後期、 ●p341 表「農村の知識人」建部清庵のルビ 誤:たてべせいあん 正:たけべせいあん 地域の項2段目 誤:江戸 正:武蔵 地域の項9段目、14段目 「・江戸」を削除 ●p346 表「江戸時代のおもな農書」農業自得のルビ 誤:のうぎょうじと 正:のうぎょうじとく ●p350 本文下段1行目 誤:寛政4年(1794)に 正:宝暦12年(1762)頃から ●p351 上段見出し 誤:俵物その専売 正:俵物の専売 本文7行目 誤:とさか草 正:鶏冠(とさか)菜(鶏冠海苔) ●p360 本文上段4行目 誤:中山道(元禄7年〔1694〕完成)、日光道中(寛永13年〔1636〕頃完成)、奥州道中(正保3年〔1646〕完成)、甲州道中(明和9年〔1772〕完成)のことで、 正:日光道中(寛永13年〔1636〕頃完成)、奥州道中(正保3年〔1646〕完成)、中山道(元禄7年〔1694〕完成)、甲州道中(元禄11年〔1698〕完成)のことで、 ●p363 表「おもな旅籠組合」浪花講・内容の項 誤:松屋甚五郎 正:松屋甚四郎 ●p364 本文下段9行目「漸減」のルビ 誤:ざんげん 正:ぜんげん ●p366 表「地理系の往来物」『日光詣結構往来』の項 誤:森屋治郎兵衛 正:森屋治兵衛 ●p367 表「旅行案内書(道中記・名所図会)」『江戸雀』の項 誤:延宝4年(1676) 正:延宝5年(1677) ●p368 本文下段後ろから11行目 誤:八隅蘆庵 正:八隅蘆菴 ●p369 表「番付にみるおもな名所一覧」上段「祭り」の項 誤:京賀茂葵祭(京都府・5月) 正:京賀茂葵祭(京都府・4月) 誤:京安良居祭(京都府・4月) 正:京安良居祭(京都府・3月) 誤:京祇園会(京都府・7月) 正:京祇園会(京都府・6月) 誤:大坂天満祭(大阪府・7月) 正:大坂天満祭(大阪府・6月) 誤:出雲大社祭(島根県・5月) 正:出雲大社祭(島根県・3月) 誤:伊勢御斎(三重県・10月) 正:伊勢御斎(三重県・9月) 誤:讃岐金刀比羅祭(香川県・10月) 正:讃岐金刀比羅祭(香川県・9月) 誤:下野権現祭(栃木県・5月) 正:下野権現祭(栃木県・4月) 誤:尾張津島天王祭(愛知県・7月) 正:尾張津島天王祭(愛知県・6月) 誤:紀伊和歌祭(和歌山県・5月) 正:紀伊和歌祭(和歌山県・4月) 誤:江戸三社祭(東京都・5月) 正:江戸三社祭(東京都・3月) ●p376 本文下段5行目 誤:ロドリゴ・デ・ピベロ 正:ロドリゴ・デ・ビペロ ★p385 2段目 「伏見宿」 誤:文化7年 正:文政7年 「六郷の渡し」 誤:宝永6年から船渡しに 正:貞享5年(1688)に橋を流失し船渡しに ●p396 4段目「草津宿」4行目 「・義仲寺」を、右の「大津宿」4行目の「長等神社」のあとに移動 ●p401 江戸時代略年表 後ろから4行目 「田沼意次、蝦夷地調査を命じる。」を削除 ★巻末参考資料②「おもな人名/項目索引」19ページ 「とく」の項 誤:毒見(将軍)・毒見(御台所) 正:毒味(将軍)・毒味(御台所)

公式テキストへもどる