江戸文化歴史検定
コラム・お楽しみ

お問い合わせ:電話番号03-3233-4808(土・日・祝日・年末年始を除く10:00〜12:00、及び14:00〜17:00)江戸文化歴史検定運営事務局 郵便番号 101-0062東京都千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビルディング 16階

今からでも間に合う!直前受検アドバイス-試験1か月前からでもやれる!-

『江戸文化歴史検定』かぁ。へぇ、今まで知らなかった。ちょっと面白そうだなぁ。
…でも、今から勉強始めても、間に合うのかなぁ?

今まで『江戸検』を知らなかった人なら、誰でも思うそんな不安。
でも、あきらめないでください。
試験1か月前からでも、十分にやれることはあります。
まずはこのページを読んでみてください。

『江戸検』って何?

どんな問題なの?
3級から1級まであって、各級とも100問の問題が出ます。3級・2級は全て4肢択一問題だから、比較的答えを導きやすい解答方法だと思います。
問題はどこから出るの?
公式テキストがあって、そのテキストに書いてあることから一定の割合で問題が出ます。
3級の場合、100問中、約7割の問題がテキストに書いてあることから出ますので、テキストさえしっかり読んでおけば、合格の道はぐっと近くなるわけです。
公式テキストってどんな本なの?
3級の場合のテキスト『大江戸見聞録』は、御隠居さんや大家さん、商家の主人などが江戸を案内するという構成で、本文が語り口調で綴られていますから、初めてでも大変読みやすいのが特徴です。
オールカラーで図版も豊富に掲載されていますから目で楽しめる内容も多く、本文以外のコラムや注釈で、江戸の基本知識を習得することもできます。
200頁弱という初心者にとっては手頃なボリュームですから、早い人なら2時間程でさっと通して読めるのではないでしょうか。

試しに、テキストを読んで問題に挑戦してみましょう!

では、どんな本なのか中身を少しご紹介しましょう。
そして、そこに書かれていることから、どんな問題が出るのか、ちょっと試しに挑戦してみましょう。
「テキストを読んで問題を解いてみる」−まさに江戸検の試験勉強そのものを、ほんの軽く体験してみてください。

テキストを読む
3級公式テキスト「大江戸見聞録」の一部を抜粋しました。じっくりと読んでみましょう。
本文はもちろん、図版や注釈もしっかりと目を通してください。

問題に挑戦する
さぁ、テキストはしっかり読めましたか?
では、問題に挑戦してみてください。過去の『江戸検』で実際に出題された問題です。
お試し問題にチャレンジ!
答えを見る
どうでしたか?
答え合わせをしてみください。
正解はこちら

さぁ、いかがでしたか?
「このぐらいならやれるかも」
「これなら、もう少しだけ勉強すればいける!」
「短い期間だけど何かひとつの目標に集中してみよう」
そんな気持ちになっていただけたら幸いです。
少し余裕があれば、更に過去の問題解説集などを読んでおくといいと思います。

『江戸検』受検は年に1回(3級は年2回)しかチャンスがありません。
1年も待つよりは、思いきってここで挑戦してみてはいかがでしょうか?