江戸文化歴史検定
コラム・お楽しみ

お問い合わせ:電話番号03-3233-4808(土・日・祝日・年末年始を除く10:00~12:00、及び14:00~17:00)江戸文化歴史検定運営事務局 郵便番号 101-0062東京都千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビルディング 16階

公式テキスト

このページを印刷する

「江戸博覧強記」正誤表(2015年11月20日更新)

●p16 目次上段後ろ8行目
誤:35
正:33
●p17 5行目
誤:天王
正:天子
●p20 本文下段9行目
誤:七代将軍
正:四代将軍
●p23 本文下段後ろから3行目(11月20日追加分)
誤:銭六貫文
正:銭四貫文
「銭四貫文が基本」のあとに「だが、変動相場制だったので、実際には六貫文の時代が長かった」を追加
●p24 本文上段後ろから9行目(11月20日追加分)
誤:機軸通貨
正:基軸通貨
●p25 表「江戸時代のおもな貨幣」初鋳造年
誤:安永1
正:明和9
●p25 表「江戸時代のおもな貨幣」 金貨:万延小判の項
誤:金22%
正:金56.77%
●p25 本文下段後ろから2行目 (11月20日追加分)
誤:飯売女
正:食売女
●p26 本文下段4行目「陰陽師」のルビ
誤:おんようじ
正:おんみょうじ
●p26本文下段後ろから3行目
誤:役高
正:役知
●p27 表「老中ランキング」 長期在職の項
誤:土屋正直
正:土屋政直

誤:内藤重忠
正:内藤忠重
●p27 表「老中ランキング」 大老就任者の項(11月20日追加分)
酒井忠清と堀田正俊の間に
「井伊直澄 寛文8年~延宝4年 8年2か月 近江・彦根」を追加
●p28 表「江戸時代幕府主要職制表」 京都所司代の項
誤:役高一万石。
正:役知一万石。
●p28 表「江戸時代幕府主要職制」
勘定奉行配下の3郡代に「関東郡代(七〇〇俵高)」を追加
●p29 上段の「大坂定番」の説明1行目(11月20日追加分)
誤:大坂在番
正:大坂城番
●p29 上段の注の4行目
誤:奥絵師狩野春川院
正:奥絵師狩野晴川院
●p29 上段の注の末尾
「ただし、関東郡代は文化三年に廃止」を追加
●p30 本文上段後ろから7行目
誤:中奥の
正:中奥近くの
●p30 本文上段末尾
誤:多くの老中を
正:多くの大老・老中を
●p30 本文下段末尾
誤:安房
正:阿波
●p31 本文冒頭「壱岐」のルビ
誤:おき
正:いき
●p31 本文3行目
誤:飛騨郡代・西国郡代
正:飛騨郡代・美濃郡代・西国郡代
●p31 表「幕僚の分布と石高」地域の項
誤:四国筋
正:西国筋
●p31 表「幕僚の分布と石高」北国筋の項
誤:8%
正:18%
●p32 本文下段最終行末尾(11月20日追加分)
「当時の幕府」のあとに「財政の実態が浮かび上がってくる。」を追加
●p32 見出し(11月20日追加分)
誤:大名・旗本の殿中席
正:大名・旗本の殿席
●p34 「大名・旗本の殿中席」8番
誤:小姓番頭
正:小姓組番頭
●p34 「大名・旗本の殿中席」13番
誤:新組頭
正:新番頭
●p34 「詰所・下部屋」17番 (11月20日追加分)
誤:御御三家留守居詰間
正:御三家留守居詰間
●p35 図「江戸城本丸御殿表の構成」中央右寄り
黒丸の24番を削除
●p37 表「殿席・礼席一覧」1段目(11月20日追加分)
誤:詰間
正:詰所
●p37 本文下段見出し(11月20日追加分)
誤:詰間
正:詰所
●p37 本文下段後ろから4行目(11月20日追加分)
誤:詰間
正:詰所
●p37 本文下段後ろから11行目
誤:留守居組合
正:留守居役組合
●p38 本文上段冒頭 (11月20日追加分)
誤:詰間
正:詰所

誤:中奥
正:中奥近く
●p39 本文上段末尾
誤:四代家綱
正:六代家宣
●p39 本文下段後ろから5行目
誤:居城と
正:居城の
●p40 本文下段4行目(11月20日追加分)
誤:大名六八家
正:大名四家
●p40 本文下段13行目
誤:六七万石
正:六八万石

誤:徳川忠長(秀忠の弟、
正:徳川忠長(家光の弟、
●p40 本文下段14行目
誤:五〇万石
正:五五万石
●p41 「3代家光時代のおもな改易・転封」 改易理由の段(11月20日追加分)
誤:世嗣断絶
正:無嗣断絶
●p41 表「3代家光時代の主な改易・転封」 改易 寛永9年6月の項
誤:51万5000
正:54万
●p41 表「3代家光時代の主な改易・転封」 改易 寛永9年10月の項
誤:駿府・府中
正:駿府・遠江

誤:50万
正:55万
●p41 表「3代家光時代の主な改易・転封」 転封 寛永元年 松平忠昌の項
誤:52万5000
正:50万
●p41 表「3代家光時代の主な改易・転封」 転封 寛永元年 松平光長の項
誤:67万
正:68万

誤:25万
正:26万
●p41 表「3代家光時代の主な改易・転封」 転封 寛永元年 松平忠長の項
誤:駿河・駿府
正:駿河・遠江

誤:50万
正:55万
●p41 表「3代家光時代の主な改易・転封」寛永10年の項
誤:土居利勝
正:土井利勝
●p41 表「3代家光時代の主な改易・転封」下欄外
誤:10万石以上の大名を取り上げた。
正:石高は主として「慶長9年検地」を基とし、10万石以上の大名を取り上げた。

誤:『新訂 幕藩体制史の研究』より作成
正:『新訂 幕藩体制史の研究』他より作成
●p42 本文下段最終行(11月20日追加分)
「関ヶ原の戦いの直前、」を削除
●p42 本文下段最終行(11月20日追加分)
誤:慶長4年(1599)
正:慶長元年(1596)
●p43 本文下段最終行(11月20日追加分)
誤:慶長4年(1599)
正:慶長元年(1596)
●p43 本文上段2行目(11月20日追加分)
誤:慶長5年
正:慶長4年
●p43 本文下段後ろから4行目
誤:一三家
正:八家
●p44 表「参勤の交代パターン」藩の種類の項
誤:外様
正:おもに外様
●p44 表「参勤の交代のパターン」一年交代5月の項
誤:白川藩
正:白河藩
    同上  一年交代6月の項
姫路藩を削除
    同上  定府の項
誤:大名の支藩
正:大藩の支藩
●p45 本文下段末尾
誤:本体
正:本隊
●p50 本文上段3行目「駒込」のルビ
誤:うしごめ
正:こまごめ
●p51 本文上段5行目
誤:町並尾屋敷
正:町並地屋敷
●p53 表「藩邸のその後」上屋敷の項
誤:長州藩
正:長府藩
●p53 表「藩邸のその後」5段目
誤:防衛庁
正:防衛省
●p53 表「藩邸のその後」下屋敷の項(11月20日追加分)
誤:森藩来島家
正:森藩久留島家

誤:旧般若園
正:旧般若苑
●p54 表「大名の家紋」 最下段の有馬巴
誤:肥後国
正:筑後国
●p54 タイトル「奥勤楽寿ご六」(11月20日追加分)
「おくづとめたのしむすごろく」とルビをふる
●p60 本文下段4行目「小曾木村」のルビ(11月20日追加分)
誤:こそぎむら
正:おそきむら
●p60 タイトル「奥勤楽寿ご六」(11月20日追加分)
誤:網場(あみば)
正:綱場(つなば)
●p61 本文上段7行目
誤:浅草門(あさくさもん)
正:浅草橋門(あさくさばしもん)
●p61 本文上段8行目
誤:芝口門
正:芝口門(焼失後は虎ノ門)
●p62 本文下段5行目(11月20日追加分)
誤:詰間
正:詰所
●p63 上段11行目「家継」のルビ
誤:いえつな
正:いえつぐ
●p63 本文上段後ろから6行目(11月20日追加分)
「四代・八代・九代」のあとに「・一四代」を追加
●p63 本文下段2行目(11月20日追加分)
誤:茶屋
正:茶室
●p65 9番半蔵門・12番の竹橋門解説文
誤:山王権言
正:山王権現
●p65 9番半蔵門の解説文2行目(11月20日追加分)
誤:山王権現祭礼などの
正:山王権現祭礼の
●p67 表「中奥詰のおもな役職」奥儒者の項
誤:500俵高
正:200俵高
●p67 表「中奥詰のおもな役職」 奥医師の項
誤: 〃
正:500俵高
●p67 表「江戸城の維持管理費」 江戸城修復関係費の項
誤:2,090
正:600,207
●p68 本文下段4行目
誤:北千住(きたせんじゅ)
正:千住(せんじゅ)
●p69 表「主要城門の門番分担」数奇屋橋門・雉子橋門、清水門、外曲輪門の項(11月20日追加分)
「~1万石」のあとに「未満」を追加
●p69 表「主要城門の門番分担」平河門の項
誤:御手先組
正:御先手組
●p70 表「供連れの制限」下乗、中之門→玄関の項(11月20日追加分)
「挟箱持ち」の図は、各マスに1つとなる
●p70 本文下段3行目
誤:五〇〇石
正:五〇〇〇石
●p71 下段末尾「慈恵大師」のルビ
誤:じけい
正:じえ
●p73 本文上段11行目(11月20日追加分)
「官位が授けられる。」のあとに「四代家綱以降」を追加
●p76 表「歴代将軍の墓所」 家継の項
誤:享保1年4月30日
正:正徳6年4月30日
●p76 本文下段後ろから7行目
誤:歴代将軍の命日には……参詣し、祥月命日には
正:歴代将軍の祥月命日には……参詣し、月命日には
●p78 本文下段6行目
誤:亥猪(げんちょ)
正:玄猪(げんちょ)
●p79 本文下段2行目(11月20日追加分)
誤:往復
正:片道
●p80 本文上段後ろから7行目(11月20日追加分)
「五代綱吉時代には」を、次行の「鷹場制度」の前に入れる
●p82 本文下段後ろから5行目
誤:本町
正:本石町三丁目
●p83 本文上段1行目
誤:中奥
正:中奥(下欄外注)
●p83 本文下段後ろから5行目
誤:結わて
正:結わせて
●p83 下欄外に追加
注:将軍の執務・生活空間は「奥」と呼ばれていたが、本テキストでは従来の「中奥」と表記
●p84 図「将軍の一日」 時計回りで訂正
    朝食の項
誤:御小座敷で食事をとりながら
正:食事をとりながら
    奥入りの項
誤:奥入り
正:大奥入り
    昼食の項
誤:大奥または
正:通常は中奥の
    奥入りの項
誤:奥入り
正:大奥入り
    夕食の項
誤:大奥または御小座敷
正:中奥または大奥御小座敷
    自由時間の項
誤:奥入り
正:大奥入り
    就寝の項
誤:奥泊まり
正:大奥泊まり
p84 本文後ろから11行目
誤:奥入りしたのち
正:大奥入りしたのち中奥にもどり
p84 本文後ろから2行目
誤:奥入り
正:大奥入り
p85 本文上段1行目
誤:奥泊まり
正:大奥泊まり
p85 本文上段4行目
誤:中奥の御膳所で用意したものを「御膳立之間」
正:御膳所で用意したものを中奥の「御膳立之間」
p85 本文上段6から7行目
誤:膳を運ぶのは小納戸で、給仕は小姓
正:膳を運び給仕するのは小納戸
●p85 表「将軍の献立に使わなかった食材」水菓子の項(11月20日追加分)
誤:蜜柑の類 以外
正:蜜柑類以外のすべて

鳥類の項
誤:兎 以外
正:兎以外のすべて
●p85 本文下段11行目、12行目(11月20日追加分)
誤:中奥
正:表
●p85 本文下段後ろから8行目(11月20日追加分)
誤:御中﨟
正:中年寄
●p86 図「江戸城中奥・大奥の構成」 中央上部(11月20日追加分)
⑤を⑩の上に移す
●p86 図「江戸城中奥・大奥の構成」中央上部
誤:上之御数式廊下
正:上之御鈴廊下

誤:下之御数式廊下
正:下之御鈴廊下
●p87  図「江戸城中奥・大奥の構成」見出し「中奥・将軍の生活空間」の2(11月20日追加分)
誤:御休息 ごきゅうそく
正:御休息之間 ごきゅうそくのま
●p88 本文上段末尾
誤:御新殿
正:新御殿
●p88 本文下段後ろから11行目(11月20日追加分)
誤:広敷番之頭 ひろしきばんのかしら
正:広敷番頭 ひろしきばんがしら
●p89 本文上段後ろから4行目、10行目(11月20日追加分)
誤:奥
正:大奥
●p90 本文下段4行目(11月20日追加分)
「髪を結い」のあとに「ながら」を追加
●p91 表「大奥女中の職制」
誤:
公家 御目見以上 上﨟御年寄 奥女中の最高職で、将軍や御台所の相談役。
公家出身者が多い
小上﨟 上﨟の見習い
御年寄 奥女中の最高権力者で、奥向を差配
旗本の娘 御客会釈 御三家・御三卿・諸大名などからの女使の接待役
 ~~~ 省略 ~~~
御目見以下 御三の間 御年寄・中年寄・御会釈答・御中﨟詰所の雑用係。
新規採用の者が配属される
御家人・陪臣の
娘、百姓・町人
御仲居 御膳所に詰め、調理を担当
火の番 昼夜を問わず長局を巡回し火の元を警戒
使番 御表使の下役で下之錠口の開閉を管理、広敷役人の取り次ぎ役
御半下 御末とも。掃除・水汲みなどすべての雑用受け持つ下女
正:
公家 御目見以上 上﨟御年寄 奥女中の最高職で、将軍や御台所の相談役。
公家出身者が多い
小上﨟 上﨟の見習い
御年寄 奥女中の最高権力者で、奥向を差配
旗本の娘 御客会釈 御三家・御三卿・諸大名などからの女使の接待役
 ~~~ 省略 ~~~
御目見以下 御三の間 御年寄・中年寄・御会釈答・御中﨟詰所の雑用係。
新規採用の者が配属される
御家人・陪臣の
娘、百姓・町人
御仲居 御膳所に詰め、調理を担当
火の番 昼夜を問わず長局を巡回し火の元を警戒
御茶の間 御台所の湯茶を調進
御使番 御表使の下役で下之錠口の開閉を管理、広敷役人の取り次ぎ役
御半下 御末とも。掃除・水汲みなどすべての雑用受け持つ下女
●p91 表「大奥女中の職制」御茶の間の項(11月20日追加分)
誤:調達
正:調進
●p92 本文上段冒頭
誤:上げ下げ
正:下げ上げ
●p93 表「大奥で活躍した女性たち」
誤:
名前 身分 経歴・逸話など
お愛・阿茶局 側室 家康の側室で、2代秀忠の生母。家康のお気に入りで、関が原の戦い、大坂の陣にもお供をする。東福門院の入内の際にも、母代わりとして宮中へ参内
阿久里(おくり)
・染子
綱吉の母桂昌院の侍女で、綱吉のお手つきに。柳沢吉保の妻となり、綱吉に柳沢の甲府100万石お墨付きを認めさせたともされる
滝山 御年寄 11~15代将軍に仕えた大奥最後の御年寄。江戸城明け渡しを見守る
正:
名前 身分 経歴・逸話など
阿茶局 側室 関が原の戦い、大坂の陣にも家康のお供をする。東福門院の入内の際にも、母代わりとして宮中へ参内
阿久里(あぐり) 綱吉の母桂昌院の侍女から綱吉の寵臣・牧野成貞の妻となる。のちに綱吉の寵愛を受ける
滝山 御年寄 11~14代将軍の大奥の御年寄。幕末期の大奥実力者
●p94 表「将軍データバンク」家定の側室数
誤:0
正:1
●p94 七代家継の項の就任年齢
誤:8
正:4
●p99 本文上段後ろから6行目(11月20日追加分)
「ほぼ」を削除
●p100 本文下段末「長矩」のルビ
誤:ながより
正:ながのり
●p101 表「交代寄合一覧」
誤:四州
正:四衆
●p101 表「交代寄合一覧」表御礼衆の項(11月20日追加分)
土着の旧家を取り立てた家」の家名は本堂、山名、朽木の3家となり、竹中、平野の2家は、新たに「織田・豊臣系」という項目を立て、その家名となる
●p105 表のタイトルに「(江戸時代中後期)」を追加
誤:各組551人×3組
正:3組計551人
●p105 表「幕臣のおもな役職」 書院番の項
誤:本丸御殿に
正:本丸、西の丸に
●p105 表「幕臣のおもな役職」 小姓組の項
誤:本丸御殿に
正:本丸、西の丸に
●p105 表「幕臣のおもな役職」 町奉行所与力・同心の項
誤:各165人
正:各145人
●p105 表「幕臣のおもな役職」中間の項
誤:各組551人×3組
正:3組計551人
    同上  小人の項
誤:各組501人×3組
正:3組計501人
    同上  黒鍬之者の項
誤:各組471人×3組
正:3組計471人
    同上  掃除之者の項
誤:各組181人×3組
正:3組計181人
    同上  御駕籠之者
誤:各組71人×3組
正:3組計71人
●p105 表下に追加
※五番方・徒組各組の人数は頭、組頭、士の合計数
●p105 「幕臣のおもな役職」
資料に『国史大事典』を追加
●p110 表「めずらしい役職」2段目
誤:永福寺
正:永福
●p110 表「めずらしい役職」下から3段目(11月20日追加分)
誤:扶持持
正:持扶持

下から4段目
誤:土田孫右衛門家
正:土田孫左衛門家
●p112 本文上段11行目
誤:三両一分
正:三両一人扶持
●p114 本文下段10行目
誤:三〇〇〇石にwと
正:三〇〇〇石と
●p117 表「武家のおもな通過儀礼」最終段(11月20日追加分)
「初御目見前」のあとに「(旗本)」を追加
●p118 本文上段8行目
誤:嫡子(ちゃくし)
正:惣領(そうりょう)
●p118 本文上段10行目
誤:嫡子以外
正:惣領以外
●p118 本文上段14行目
誤:また嫡子であっても
正:また惣領であっても
●p118 本文上段15行目
誤:「廃嫡」
正:「惣領除き」
●p118 本文上段16行目
誤:嫡子もまた
正:惣領もまた
●p119 表「不行跡により旗本や御家人の子弟が受けた懲戒」 名称の項
誤:「廃嫡」
正:「惣領除き」
●p119 表「不行跡により旗本や御家人の子弟が受けた懲戒」 廃嫡の項
誤:跡継ぎ(嫡子・惣領)が
正:跡継ぎが

誤:嫡子退身、惣領除きともいい、廃嫡された者は
正:大名などの嫡子退身、廃嫡と同様
●p119 表「不行跡により旗本や御家人の子弟が受けた懲戒」 離縁の項
誤:同じく廃嫡
正:同じく惣領除き
●p119 表「不行跡により旗本や御家人の子弟が受けた懲戒」 注2行目の項
誤:より作成
正:などより作成
●p121 表「幕臣の著作」 三河物語「大久保彦左衛門忠教」のルビ
誤:おおくぼひこざえもんただのり
正:おおくぼひこざえもんただたか
●p122 本文下段2行目(11月20日追加分)
誤:七種(ななくさ)
正:人日(じんじつ)
●p123 表「幕臣の年中行事」 12月17・18日の行事の項
誤:暮の市
正:歳(年)の市(暮の市)
●p123 表「幕臣の年中行事」 12月17・18日の内容の項
誤:深川八幡(15日)・神田明神(19・20日)・湯島天神(25日)
正:富岡八幡(15日)・神田明神・芝愛宕・湯島天神
●p123 表「幕臣の年中行事」下欄外
誤:吉田常吉校訂『幕末下級武士の記録』より作成。
正:吉田常吉校訂『幕末下級武士の記録』、斉藤月岑著『東都歳事記』より作成。
●p125 本文上段4行目
誤:組頭を含めて二五人を1組として、
正:一組三一人(105ページ)のうち、当番は組頭二名を含めて二五人を一組とする。
●p125 本文上段5行目
誤:二組に分ける。
正:二組に分け、残り一人は宿番といい、在宅して当番の留守を担当した。
●p125 本文下段4行目
誤:(午後5時頃)
正:(午後6時頃)
●p125 本文下段6行目
"二五人のうち残り一人は宿番といい、在宅して留守番を勤めた。"を削除
●p125 表「幕臣の一日」 朝六つ半の項
誤:前日の夕番の泊番 正:前日の泊番
●p128 表「幕臣の内職」 下谷の項
"大番組同心"・"金唐革紙づくり"を削除
●p128 本文下段4行目
誤:(午前1時頃)
正:(午前0時頃)
●p129 下段後ろから2行目
誤:直系尊属に加え、
正:直系尊・卑属に加え、
●p131 本文下段後ろから11行目
誤:大名と旗本は「殿様」
正:大名と旗本は「御前様」や「殿様」
●p131 本文下段後ろから11行目
誤:御家人は「旦那様」
正:御家人は一般に 「旦那様」
●p134 本文下段・後ろから3行目
誤:「留守居役」
正:「留守居役」や「留守居」
●p136 本文上段後ろから4行目
誤:(午後5時頃)
正:(午後4時頃)
●p138 表「赤穂四十七士データバンク」 切腹場所の項
誤:松平讃岐守三田中屋敷
正:松平隠岐守三田中屋敷
●p143 本文下段6行目
誤:筋違橋から……と呼ばれたが、
正:本銀町から東側にのびる通りには、
   火除けのための土手がつくられた。
誤:筋違橋の南側には火除地(八つ小路)もできた。
正:筋違橋の北側には火除地もできた。
●p145 本文下段後ろから4行目「奥川筋艀下船宿」のルビ(11月20日追加分)
誤:おくかわすじはしけしたふなやど
正:おくかわすじはしけふなやど
●p158 本文下段後ろから11行目
誤:小頭と呼ばれた一名の抱人足
正:一名の抱人足
●p159 本文上段12行目
誤:毛利国高標
正:毛利高標
●p164 本文下段5行目
誤:職人の役に由来 正:職人の役
●p169 本文上段2行目
誤:小塚原(浅草)
正:小塚原(千住)
●p170 本文下段後ろから3行目(11月20日追加分)
「心学」の前に「石門」を追加
●p183 本文上段2行目
誤:菜蔬(そさい)
正:菜蔬(さいそ)
●p188 本文下段7行目『女重宝記』のルビ(11月20日追加分)
誤:おんちょうほうき
正:おんなちょうほうき
●p190 本文上段後ろから5行目(11月20日追加分)
誤:小唄(こうた)
正:端唄(はうた)
●p191 表「おもな売薬」万金丹の項(11月20日追加分)
誤:朝熊岳
正:朝熊山
●p191 本文下段3行目「小塚原」のルビ(11月20日追加分)
誤:こづかはら
正:こづかっぱら
●p194 本文上段10行目
誤:深川(ふかがわ)八幡宮(はちまんぐう)
正:富岡(とみおか)八幡宮(はちまんぐう)
●p194 本文上段10行目「富岡八幡宮」のルビ(11月20日追加分)
誤:とみがおかはちまんぐう
正:とみおかはちまんぐう
●p195 本文下段後ろから6行目
誤:1月から大小と数えて、盆の7月はおどり(前の繰り返し)ということで小、
正:1月から7月まで大小と数え、8月は盆の7月と「おどり」(前の繰り返し)で大となり、再び
●p198 本文上段5行目(11月20日追加分)
誤:三時間半
正:六時間程
●p199 本文上段後ろから4行目(11月20日追加分)
誤:『銭湯手引草』
正:『洗湯手引草』
●p201 上段【四親王家】
誤:寛永7年
正:宝永7年
●p201 上段【四六】(11月20日追加分)
誤:昼は四〇〇文、夜は六〇〇文
正:夜は四〇〇文、昼は六〇〇文
●p201 【四六】「四六店」のルビ
誤:だな
正:みせ
●p205 表「江戸のおもな祭りと縁日」 富岡八幡宮祭礼の項
誤:8月1日
正:8月15日
●p205 本文下段後ろから7行目
誤:縁日(賽日とも呼ばれる)があり、
正:縁日があり、
●p206 「江戸の寺社と行楽地」の地図右上(11月20日追加分)
「飛鳥山(桜・虫聴き・雪見)」を、その上にある「王子権現」の下へ移す

地図中央右
誤:隅田川
正:荒川

地図中央下部⑥
誤:中正智院
正:正智院
●p206・207 地図中央上(11月20日追加分)
誤:大宗寺
正:太宗寺

地図下部の「洲崎弁天」を、上にある「木場」の左、海岸沿いに移す
●p208 本文上段2行目
誤:両岸
正:堤
●p208 本文下段3行目
誤:吉宗の命によって数千本
正:吉宗の命によって、江戸城吹上の桜など数千本
●p208 本文下段6行目
"日帰り圏とはいうものの、"を削除
●p208 本文下段8行目
誤:隅田川両岸の桜は、享保10年に江戸城吹上御苑の桜を移植したのが始まり。
正:隅田川堤の桜も、享保2年ごろに植樹が行なわれ、享保10年に江戸城吹上の桜を移植して  本格的な名所となった。
●p208 本文下段10行目
誤:植えられ、その後も数回の捕植が行なわれた。
正:植えられた。
●p208 本文下段11行目
誤:船からも徒歩でも桜を
正:船から桜を
●p208 本文下段13行目
誤:きた。花見には墨堤が一番とされたが、男性には、
正:きた。男性には、
●p209 本文上段1行目
誤:九間(けん)
正:九間(ま)
●p214 本文上段【吉原の遊女の階級】4行目「平の昼三」のルビ
誤:ひるさん
正:ちゅうさん
●p222 本文上段後ろから11行目(11月20日追加分)
誤:浅草寺(せんそうじ)
正:待乳山(まっちやま)

本文下段9行目
誤:津波
正:高波
●p229 本文上段最終行(11月20日追加分)
誤:四家元の、九段の者
正:四家元の者
●p238 髪型キャプション
誤:片はずし
正:片はづし
●p248 江戸時代の出版 往来物
誤:『百性往来』
正:『百姓往来』
●p253 本文上段11行目(11月20日追加分)
誤:住吉家
正:住吉派
●p256 本文下段後ろから6行目
誤:江戸を代表する
正:江戸時代を代表する
●p257 本文下段後ろから4行目、5行目(11月20日追加分)
誤:形部
正:刑部
●p260 本文下段後ろから7行目(11月20日追加分)
誤:江戸四日市
正:江戸の元四日市
●p271 上段【六所遠流】
誤:六島
正:六ヶ所
●p278 本文下段後ろから7行目(11月20日追加分)
誤:従来八丈島
正:従来は伊豆大島
●p278 本文下段【江戸落語の展開】2行目「立川」のルビ
誤:たちかわ
正:たてかわ
●p283 出典
誤:『武家初心集』
正:『武道初心集』
●p286 本文上段2行目(11月20日追加分)
誤:慶長10年(1605)
正:慶長12年(1607)
●p287 本文下段4行目(11月20日追加分)
誤:文化2年(1805)江戸麹町から表六番町へ移転。寺社奉行の支配下から、寛政7年林大学頭の支配となり、運営費が支給されて官立に準じる機関となった。
正:寛政7年、寺社奉行の支配下から林大学頭の支配となり、運営費が支給されて官立に準じる機関となった。文化2年(1805)江戸麹町から表六番町へ移転。
●p291 表「江戸時代のおもな藩校・郷学・私塾など」
 名古屋・明倫堂の設立者の項 
誤:徳川義直
正:徳川宗睦
●p292 本文上段5行目
誤:肥前(びぜん)
正:肥前(ひぜん)
●p295 表「往来物一覧」理数科の項(11月20日追加分)
誤:『塵却記』
正:『塵劫記』
●p298 本文下段6行目「吉川惟足」のルビ(11月20日追加分)

誤:きっかわこれたり
正:よしかわこれたり

●p299 本文上段4行目
誤:3歳
正:4歳
●p302 本文上段後ろから10行目(11月20日追加分)
誤:筑前(ちくぜん)
正:筑後(ちくご)
●p302 本文下段3行目『和字正濫鈔』のルビ
誤:しょうんしょう
正:しょうらんしょう
●p304 本文下段後ろから4行目「小塚原」のルビ(11月20日追加分)
誤:こづかはら
正:こづかっぱら
●p305 本文上段5行目
誤:『臓志』
正:『蔵志』
●p306 本文下段10行目
誤:西川(にしかわ)正休(まさやす)
正:西川(にしかわ)正休(まさよし)
●p309 表「江戸時代のおもな蘭学者・洋学者」6段目
誤:『臓志』
正:『蔵志』
●p309 表「江戸時代のおもな学者・社会思想家」7段目(11月20日追加分)
誤:『塵却記』
正:『塵劫記』
●p310 本文下段3行目
誤:『塵却記』
正:『塵劫記』
●p312 本文下段4行目(11月20日追加分)
誤:編纂された
正:編纂が始まった
●p315 表「江戸時代のおもな敵討ち・仇討ち」 事件から敵討ちまでの年数の項・右から3列目
誤:21年
正:28年
●p315 表「江戸時代のおもな敵討ち・仇討ち」右下
誤:事件から敵討ちまでの
正:事件から敵討ちまでの年数
●p322 本文冒頭
誤:しかし実際には……目的であった。
   藩札の発行は……使用したのである。
正:藩札の発行は……使用したのである。
   しかし実際には……目的であった。
●p325 表「おもな改易大名」 項目名
誤:専売品
正:年
●p325 表「おもな改易大名」 加藤忠広の項
誤:52
正:54
●p325 下段後ろから3行目「持筒同心」のルビ
誤:つつもちどうしん
正:もちつつどうしん
●p326 本文上段後ろから9行目
誤:(1680~1709)
正:(1688~1704)
●p327 本文上段後ろから5行目(11月20日追加分)
誤:19世紀以降は
正:19世紀は
●p330 表「江戸時代のおもな御家騒動」
 柳川一件対馬藩の項
誤:細川調興
正:柳川調興
●p335 本文下段後ろから2行目(11月20日追加分)
「、代官の不正防止」を削除
●p339 本文下段4行目(11月20日追加分)
「以降」を削除
●p341 表「農村の知識人」
鈴木牧之の項を削除
●p341 表「農村の知識人」建部清庵のルビ(11月20日追加分)
誤:たてべせいあん
正:たけべせいあん

地域の2段目
誤:江戸
正:武蔵

9段目、14段目
「・江戸」を削除
●p346 表「江戸時代のおもな農書」農業自得のルビ(11月20日追加分)
誤:のうぎょうじと
正:のうぎょうじとく
●p349 表「江戸時代のおもな漁獲地域」鯖の項
誤:岩見
正:石見
●p350 本文下段1行目
誤:寛政4年(1794)に
正:宝暦12年(1762)頃から
●p350 本文下段2行目
誤:頃からに
正:頃から  
●p351 上段見出し
誤:俵物その専売
正:俵物の専売  
●p353 表「江戸時代のおもな樹木とその産地」樹木の項
誤:樽
正:楢
●p360 本文4行目(11月20日追加分)
誤:中仙道(元禄7年〔1694〕完成)、日光道中(寛永13年〔1636〕頃完成)、奥州道中(正保3年〔1646〕完成)、甲州道中(明和9年〔1772〕完成)のことで、
正:日光道中(寛永13年〔1636〕頃完成)、奥州道中(正保3年〔1646〕完成)、中仙道(元禄7年〔1694〕完成)、甲州道中(元禄11年〔1698〕完成)のことで、
●p362 上段末尾
誤:小仏(山梨県)
正:小仏(東京都)
●p363 表「おもな旅籠組合」浪花講・内容の項
誤:松屋甚五郎
正:松屋甚四郎
●p364 本文下段9行目「漸減」のルビ(11月20日追加分)
誤:ざんげん
正:ぜんげん
●p366表「地理系の往来物」『日光詣結構往来』の項(11月20日追加分)
誤:森屋治郎兵衛
正:森屋治兵衛
●p366 本文下段10行目
誤:網三筋
正:綱三筋
●p367 旅行案内書(道中記・名所図会)」『江戸雀』の項(11月20日追加分)
誤:延宝4年(1676)
正:延宝5年(1677)
●p368 本文下段後ろから11行目
誤:八隅盧庵
正:八隅蘆庵
●p368 本文下段後ろから11行目(11月20日追加分)
誤:八隅盧庵
正:八隅蘆庵
●p369 表「番付にみるおもな名所一覧」上段「祭り」の段(11月20日追加分)
誤:京賀茂葵祭(京都府・5月)
正:京賀茂葵祭(京都府・4月)

誤:京安良居祭(京都府・4月)
正:京安良居祭(京都府・3月)

誤:京祇園会(京都府・7月)
正:京祇園会(京都府・6月)

誤:大坂天満祭(大阪府・7月)
正:大坂天満祭(大阪府・6月)

誤:出雲大社祭(島根県・5月)
正:出雲大社祭(島根県・3月)

誤:伊勢御斎(三重県・10月)
正:伊勢御斎(三重県・9月)

誤:讃岐金刀比羅祭(香川県・10月)
正:讃岐金刀比羅祭(香川県・9月)

誤:下野権現祭(栃木県・5月)
正:下野権現祭(栃木県・4月)

誤:尾張津島天王祭(愛知県・7月)
正:尾張津島天王祭(愛知県・6月)

誤:紀伊和歌祭(和歌山県・5月)
正:紀伊和歌祭(和歌山県・4月)

誤:江戸三社祭(東京都・5月)
正:江戸三社祭(東京都・3月)
●p369 表「番付にみるおもな名所一覧」下段
誤:摂津有馬の湯(大阪府)
正:摂津有馬の湯(兵庫県)
●p376 本文下段5行目
誤:ロドリゴ・デ・ピベロ
正:ロドリゴ・デ・ビペロ
●p376 本文下段末尾
誤:(1869)
正:(1859)
●p385 2段目「伏見宿」(11月20日追加分)
誤:文化7年
正:文政7年
●p388 1段目 下花咲宿と上花咲宿の距離
誤:9km
正:1km
●p393 上段の注記
誤:☆は元禄4年の江戸参府でケンペルが……▲は文政6年の
  江戸参府でシーボルトが、
正:▲は元禄4年の江戸参府でケンペルが……☆は文政9年の
  江戸参府でシーボルトが、
●p393 2段目「六郷の渡し」(11月20日追加分)
誤:宝永6年から船渡しに
正:貞享5年(1688)に橋が流出し船渡しに
●p393 下段 「箱根宿」の項
誤:★△
正:△
●p394 2段目
誤:安倍川の渡し 船渡し
正:安倍川の渡し 徒歩渡し
●p394 3段目
誤:大井川の渡し 船渡し
正:大井川の渡し 徒歩渡し
●p395 上段
誤:蒲原
正:蒲原宿
●p396 4段目「草津宿」4行目(11月20日追加分)
「・義仲寺」を、右の「大津宿」4行目の「長等神社」のあとに移す
●p397 2段目
誤:桑名
正:桑名宿
●p398 人物生存年表
誤:吉孫左衛門
正:末吉孫左衛門
●p401 江戸時代略年表 後ろから4行目(11月20日追加分)

「田沼意次、蝦夷地調査を命じる。」を削除

公式テキストへもどる